読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いぼ

楽問のすすめ

海外の大学の通信過程

勉強方法

調べると英米以外にもある。

英米は通信過程でも学費を通学過程並みにとるところもある。

オープン大学ロンドン大学の通信に関心がある。

 

フランスやドイツの大学にも通信過程があり、どうやら学費も英米のそれと比較すると安いようだ。現地やヨーロッパ圏に在住していないと入学できない場合もあるが、探せばアジアにいても入学できるものがありそうだ。

 

昨今の日本社会では英語をやると将来役にたつ、とよく言われているように思う。

しかし、英語を学習するために塾や学校にかよってたくさん金を先に支払わねばならない。さらに英米圏に留学すると学費も高い。

 しかし、フランス語やドイツ語を覚えたら留学費用も英米圏よりおさえられる。フランス語やドイツ語は英語に似ている単語や文法を持っているから、後で英語をするとなった場合もそれらの知識は役立つと思う。

 また、社会で他人と共存する中で、社会的な自分の能力的価値を上げるには、英語だけ出来る人は日本人でこれからもっと増えてくるだろうけど、英語とフランス語or 英語とドイツ語となると、その数は英語だけよりも少なくなって価値づけをしやすくなるかもしれない。

 そのように考えると、僕のように単に言葉が好きで、金がないけど海外の大学の哲学の教育に関心があるからフランス語やドイツ語をしているという人以外にも、ビジネスマンの人達にも英語以外の外国語を身につけておくのもよいのかもしれない。