読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いぼ

楽問のすすめ

第Ⅱ回受験予定科目

履修計画 勉強方法 科目試験

倫理学

ドイツ語Ⅰ

論理学L

文学

政治学

ロシア文学

 

を受ける予定。

政治学は哲学の代わりに、

ロシア文学は西洋哲学史Ⅱのかわりに。

哲学系の科目は時間をかけて学習していきたいし、単位を意識すると、それらの科目の量が多く、学習経験も乏しい、さらに次に試験前に労働をたくさんしなければならなくなった事を考えると、

前に学習経験のある倫理学や政治学、少しだけ読んだことがあるロシア文学を選択したほうが、合格の可能性が高まるだろうと判断した。

だからロシア文学のレポートを作成する必要がある。instead of 西洋哲学史

 

今後は毎回最低6科目の試験を受けるようにし、レポートも次に受ける試験のレポートだけではなく、その次も見越して作成しようと思う。そうして、何度かレポートを再提出する中で学習し、試験を受けていこうと考えている。だから、最初からレポートを合格させてしまうと、その機会を失ってしまうことにもなる。意図的に間違った解答を書き、先生方を煩わすことをしようとは思わないが、少しは他人の力を借りて学習してみようと思う。まあ厳密に言うと、本を読む事だってそれは他人が書いたもので、その内容を読むという動作で享受していて、それも他人の力を借りていることになるといえるから、僕が言いたいのは直接他人から指導を受けるということだ。